津軽三味線奏者 木乃下真市 (きのした しんいち)
プロフィール


1965年 和歌山県出身。

芸人だった両親の影響で幼少の頃より民謡を覚え、3歳の時父親から三味線を習う。
10歳より本格的に津軽三味線を学び、その後 京極利則氏、藤田淳一氏に師事。

1986・87年 津軽三味線全国大会 二年連続優勝。
1988年 津軽五大民謡大会 津軽小原節部門優勝。
1993年 「木下伸市グループ」を結成し、オリジナルの「津軽三味線ロック」を発表。
1994年 日本を代表するジャズギタリスト・渡辺香津美とのバトルコンサートを行う。
1995年 和太鼓奏者・林英哲をゲストに迎え「木下伸市PROJECT'95」と題したコンサートを行う。
1998年 エイジアンファンタジーオーケストラの一員としてインド・ベトナム・フィリピンで公演。
1999年 NHK「スタジオパーク」に出演。
NHK衛星放送でハンガリーの驚異のバイオリニスト ロビー・ラカトシュと共演し多方面から高い評価を受ける。

2000年 津軽三味線全国大会歴代A級チャンピオン山田千里杯争奪戦が行なわれ、
初代グランドチャンピオンに輝く。
NHK「課外授業・ようこそ先輩」に出演し、和歌山市の母校の小学生達に津軽三味線を指導。
2001年 ファーストアルバム「傳(DEN)」「魁(KAI)」をエイベックスより2枚同時リリース。
NHK教育テレビ「おしゃれ工房」に講師として出演。NHK「トップランナー」に出演。
2002年 驚異のバイオリニスト「ロビー・ラカトシュ」とのコラボレーションアルバム「遭遇」をリリース、
「木下伸市コンサートwithロビー・ラカトシュ」と題した全国4大都市ツアーを行なう。
国際交流基金の派遣で中南米5ヵ国に於いて「木下伸市・津軽三味線コンサ−ト」を行う。
NHK衛星放送「ザ・津軽三味線スーパーライブ」、テレビ朝日「題名のない音楽会21」、
NHKスペシャル番組「バラエティ・これが津軽三味線だ!」、テレビ朝日「徹子の部屋」に出演。
2003年 4thアルバム「承」をエイベックスよりリリース。
2004年 Mt.Fujiジャズフェスティバルに出演。イギリス・ロンドン公演を行う。5thアルバム「パッション!」をリリース。
木下伸市より木乃下真市に改名。映画「オーバードライヴ」に木乃下真市役で出演。
2009年 ドイツ・ケルンにてケルン放送管弦楽団公演に出演。

2010年 上海万博に出演。 
2011年 国立劇場開場45周年記念「津軽三味線を聴く 時代を超えた音色」と題したコンサートを行い、
津軽三味線の曲弾き・唄付けや洋楽とのセッション等、多彩なプログラムで観客を魅了した。
香西かおりコンサートのゲストとして関西ツアーに出演。
2012年 国立台湾交響楽団の台湾公演にソリストとして出演。
2013年 「木乃下真市ユニット欧州公演」と題し、アゼルバイジャン、ウズベキスタン、ポルトガルで公演を行う。
2016年 CD「津軽三味線 魄(HAKU)」をリリース。

現在は演奏活動と共に、津軽三味線木乃下流『木乃下三絃会』家元として門下生の育成にも力を入れている。

伝統芸能である津軽三味線に現代的音楽をとり入れ津軽三味線の可能性を追求し続けている。
また正調津軽三味線のダイナミックかつ繊細な奏法にも定評がある。